廃車は損をする

車の処分の方法として廃車を選択する人が多いです。
査定額がつかないだろうと最初から諦めて廃車を選択するのでしょう。
しかしそれはかなり損をしている可能性があるのです。

まず、自分で車の価値を決め付けることが間違っています。
査定額がつかないだろう。
売却は無理だろう。
と自分で決め付けることはよくありません。
車の価値を決めるのは買取側ですので、査定してみなきゃ価値はわからないのです。

次に、車は走行不可能でさえ価値がつくのです。
その理由は、部品の価値です。
車は車単体としての価値だけではなく、各部のパーツにも価値があります。
そしてそのパーツの需要は年々拡大しているので、不動車さえも買い取ってくれる業者が多いのです。

最後に鉄としての価値です。
車は主に鉄でできていますよね。
ですので鉄としての価値も存在します。
解体業者に車を持ち込めばクズ鉄代金としてお金をもらうことができるのです。

諦めて廃車にするよりは、まずは査定してみる。
そして査定額がつかない場合は、解体業者でクズ鉄として代金をもらう。
これが正しい車の処分方法です。

コメントをどうぞ

カテゴリー
お気に入り