車に乗るということ。

車に乗るということは、車社会の一員になるということです。
その車に乗っている人は自分1人でも、
道路にいる車はあなたの車1つではありません。
つまり少なからず、走行という行為をするだけで、周りに影響を与える。
ということです。

何を言いたいかと言うと、
自己中心的な考えで車を運転するのはやめましょう。
ということです。

運転だけではなく、メンテナンスもそうです。
あまりお金をかけたくなからと言って、
メンテナンスにお金をかけない。なんてことをしていると、
走行中に車が故障し、周りを巻き込む大事故に発展することだってありえるのです。

別に故障してても乗れるからいいや~。
という考えではいけません。
あなた一人の問題ではないのです。
自分が気にならないからいい。そういう考えかたは止めましょう。

オイル交換はしっかり行い、
ディーラー推奨の12ヶ月点検も受ける。
さらには車検でも妥協せずにお金をかける。

こうすることによって、事前にメンテナンス不足での事故も防げ、
さらには快適なカーライフだっておくれます。
そしてメンテナンスをしっかりしていると、その車の寿命も延びますので、
長くその車を乗り続けることもできます。

メリットだらけなんですよね。

・車社会は自分1人だけではないということ
・常に周りのことを考えること

この2つを意識しましょう!
こちらにも車について詳しく記載されていますので、是非見てください。
http://xn--tor97r18yr6q3lc.jpn.com/

コメントをどうぞ

カテゴリー
お気に入り